青汁の豆知識、成分と種類で味も効果も変わってくる

青汁の豆知識、成分と種類で味も効果も変わってくる

 

青汁の豆知識をお伝えします。
青汁は成分と種類で味も効果も変わってきます。

 

 

健康食品としてテレビ通販なので多く取り扱われている青汁ですが、
健康に良いというだけで青汁について詳しく知っている方は少ないと思います。

 

青汁とは一日に必要な野菜350gを葉物野菜を含んだ飲み物をたった一杯で摂取することができるというものです。

 

毎日規定量の野菜をとるのはとてもきついものですが、青汁の場合は一杯で済んでしまうのです。

 

野菜不足などからくる生活習慣病などの改善や予防になります。
青汁は多く出回っていますが作っている場所によって成分が違い、飲みやすさも異なります。

 

しかし、本来の青汁は野菜を絞ったもので、飲みやすさを考えないものです。味は人によって好き嫌いがわかれるものです。

 

 

青汁の成分について

 

原料はカルシウム・ビタミン・ミネラル・酵素などを含んでおり
青汁に含まれている重要な三大要素の紹介をいたします。

 

- ケール

 

おいしくない原因だといわれている野菜です。

 

独特な風味と味があるケールはアブラナの一種で
食物繊維、カルシウム、βカロチン、ビタミンCなどの栄養素がバランスよく含まれている。

 

 

青汁がおいしくないといわれる原因ではありますが、青汁にはなくてはならない要素の一つです。

 

 

- 大麦わかば

 

読んで字のごとく大麦の若葉を使っており豊富な栄養が含まれています。

 

大麦わかばにはSOD酵素という肌に悪影響を与える活性酸素を抑制する働きがあり、
青汁が美容高価があるといわれている要因の一つです。

 

ほかにも、亜鉛やトリプルファンなどを含み、
生きる上で必要な栄要素が含まれている重要な野菜です。

 

 

- 明日葉

 

ビタミンB1、ビタミンB2含み、疲労回復の手助けをしたり、脂肪燃焼をよくするなどの効果があります。
ほかにも、ビタミンB6やカルコンなどが含まれており健康になる要素があります。

 

青汁の選び方

 

 

ケール以外の大麦若葉、
明日葉はケールに比べて苦みが少なく比較的飲みやすいです。

 

なので、苦いのが不得意な方はケールが少ない青汁を選ぶことをお勧めいたします。

 

その代わり、多少効果が落ちるかもしてません。苦いのが強い方や迷っている方は、
ケールの多いものを選ぶことをお勧めします。

 

 

青汁は飲み続けることによって健康を維持するものなので、
自分の飲みやすく続けられるあったものを選ぶようにしましょう。

 

「青汁の成分について」で紹介した三大要素のほかにも、
野菜が含まれているのでそれも判断材料にするとよいでしょう。

 

 

青汁の飲み方について

 

一般的なものは粉末タイプですが、ほかにもいくつか種類があります。

 

  • 粉末タイプ・・・粉末を水で溶かして飲むタイプのものです。
  • 冷凍タイプ・・・冷凍してあるものを過熱して溶かし飲みます。賞味期限が決まっており目安は3か月です。
  • 錠剤タイプ・・・粉末を固めたタイプでサプリメントのように飲むタイプです
  • 菓子タイプ・・・ゼリーやチョコレートと混ざって青汁が入っているものです。

 

 

成分によって効果違いが出ますので、きちんとした知識を持って目的に合ったものを購入しましょう。