食事と運動が便秘になりにくい体をつくる

食事と運動が便秘になりにくい体をつくる

 

 

便秘になってしまうのには、食生活が大きく関係しています。
食べすぎも、少食、偏食や不規則な食生活は便秘の原因になります。

 

 

また便秘になるとただ食物繊維を摂ればいいと思いがちですが、実はそうでもありません。

 

 

食物繊維のうち水溶性食物繊維は腸の中でゲル状になってお掃除をする効果もありますが、不溶性食物繊維は、それ自体が便秘の原因にもなってしまいます。お腹にいいからと言って食べすぎることにも問題があることを忘れてはいけません。

 

 

腸内環境を整えよう

 

 

食物繊維は腸の掃除効果がありますが、それ以外にも重要なことは腸内の環境です。

 

腸内には悪玉菌と善玉菌がいることは知られていますが、このバランスが悪玉菌優位になっていると腸内環境は悪化してしまいます。完全に悪玉菌がゼロになることはありえませんが、善玉菌優位な腸内環境にすることができれば便秘も改善されるようになります。

 

善玉菌を増やすというと乳酸菌のような発酵食品をイメージします。効率良く増やすためには善玉菌だけではなく、同時にエサとなるオリゴ糖を摂ることが効果的です。無糖のヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べると良いですね。また一種類の食品からではなく、色々な食品から善玉菌を摂ることです。すでに体内にいる善玉菌の種類というのは決まっているため、それと同じものを摂らないことには効率よく増やすことが出来ないからです。

 

 

食事だけでは不十分だと感じる場合には青汁や乳酸菌のサプリなども効果的です。

 

 

食事以外に大切なこと

 

便秘になりやすい原因としては、運動不足も挙げられます。便秘が女性に多いのは男性に比べても筋肉量が低いことも関係しています。
適度に体に筋肉がついていることで、腸のぜん動も活発になるのです。

 

 

便秘に効果が期待できる一番手軽な運動はウォーキングです。しっかりと足の付け根から動かして歩くことで、腸の活動を促すことができます。
ウォーキングの前後にはしっかり水分補給をしておくと、歩いて帰宅した後にはお通じも訪れやすくなりますね。

 

また天気の悪い日はストレッチをして体全体、特に腰周りをしっかり動かします。ストレッチはあまり運動というほどアクティブさはありませんが、ゆったりとした動きの運動をすることで血行改善すれば、便秘解消にもつながります。

 

一時的に頑固な便秘を解消するためには、薬が必要な時もあります。

 

ただ長い目で見れば、便秘になりにくい体作りも必要です。食事と運動をバランス良く考えることで、便秘は薬に頼ることなく解消することができます。